おはようございます。

昨日は、結局上空の雲には穴が開いたようなのですが

何時もの St(層雲)が、延々と上空に流れ込み

晴れ間は潰されてしまいました。

とても残念です。

それでも小雨が残る中、熱心な方が多数見えられ

最後はプラネタリウムで夏の星座や惑星を見て楽しげにしておりました。

皆さんは、宵空に輝く 2つの惑星・・見ることが出来ましたか?

次は 8月13日「土星と夏の大三角形」を開催予定です。

今度こそ、晴れると良いな・・

f:id:nyancotan:20150702060016j:plain

            NGC6368(へびつかい座 棒渦巻銀河)06月14日22時32分 直焦点撮影

 DOB GOTO12(30cm反射経緯台 自動追尾)ISO6400 20秒 20枚合成 PENTAX K-01

※ さそり座の北側(見かけ、上に)見える大きな星座「へびつかい座」、両手に持つ「へび座(頭部・尾部)」と合わせて姿を見ると、なかなか雄大な星座です。一度憶えると、将棋の駒の様な雰囲気があるので忘れることはないでしょう。この NGC6368 は光度13等級の少し暗い銀河、棒渦巻銀河に分類され、写真では明るい中心部から淡く左右に長細く腕の拡がりが判ります。位置は丁度、ヘビ使いアスクレピオスの顔にあります。全体の雰囲気は M106※1 をものすごく遠くから眺めた様な感じでしょうか・・。さてGoogleで、この銀河を検索するとヒットは全部で149件!日本の方は内 2人の方がおりました。地球規模でマイナーな銀河の様です。

※1・・M106:りょうけん座にある銀河( http://nyancotan.hatenadiary.com/entry/2015/04/16/181613 )、更に横から眺めた感じです。