「トラックで窓口に突っ込む」と東京電力の職員を脅したとして、一時、原発事故で避難していた男が逮捕されました。

 福島県南相馬市の無職・齋藤富男容疑者(72)は今年4月、東京電力の相談窓口に電話を掛け、「トラックで南相馬市にある東京電力の事務所に突っ込む」などと職員を脅した疑いが持たれています。東京電力は電話の後、事務所の前に車を並べてバリケードを作るなどして対応していました。齋藤容疑者は原発事故後に一時、避難したことがあり、度々、窓口の職員に「元の生活を返してくれ」などと電話を掛けていました。齋藤容疑者は容疑を認めているということです。

2017/6/8 0:05
http://news.tv-asahi.co.jp/sphone/news_society/articles/000102601.html

コメント一覧
>>1
避難中ではなくね?
実際社会に与えた損失考えたらこのじいさんより東電の方が遥かに害悪なわけで
( ^ω^)2ゲットかお
福一に連れて行っちゃえよ
どうせ捕まるなら突っ込めばよかったのに
>>2
何年前の話かはっきり書いてないからおかしくはなくない?
こんなに沢山の人の人生を変えたんだから恨まれて当然だよなあ
むしろ今までこんな事件が無かった事の方が驚きだわ
>>3
この爺さんの主張が正しい。
東電は日本から出ていけ。
東電のような犯罪集団は
日本にはいらない。
警察のような組織的犯罪集団もいらない。
広島の8億5000万円はどうなったのだww
皆んなで分けたのかww
>>8
でも営業所なんて狙っても忙しいときに余計な人員を割くだけで