Visual Studio 2010 SP1をインストールするとき、Visual Studio 2010 Shell(Integrated)が必要ですというプロンプトが出て、vs_intshell_jpn.msiの場所を聞かれることがあります。このvs_intshell_jpn.msiはVisual Studio 2010のインストールメディアにもないので、悩んだのですが(そして検索しても出てこない)、enuに変更して検索すると対処方法が載っていました。
Installing Visual Studio 2010 Service Pack 1 may prompt for source - Heath Stewart's blog - Site Home - MSDN Blogs
簡単にかくとこうです。

  • 単体版のVisual Studio 2010 Shell(Integrated)をダウンロードする。
  • コマンドプロンプトから vsintshell.exe /extract:"%temp%vsshell" と実行する。
  • %temp%vsshellフォルダにvs_setup.msiというファイルがあるので、vs_intshell_jpn.msiに変更する。ちなみに英語版では英語版のvsintshell.exeをダウンロードして、同じ手順で展開して、jpnをenuに変更すると英語版になります。
  • ダイアログでリネームしたvs_intshell_jpn.msiを選択して続行する

この原因としてはWindows Intaller共通ですけど、オリジナルのソースとなるmsiファイルがどっかにいってしまったか、読めなくなってしまったために発生するんだそうです。同じように発生したらオリジナルソースのmsiファイルをオリジナルの媒体から手に入れることになります。
ちなみにまだインストール中です…何時間かかるんだろう。