コンデジのレンズ?撮像素子?何処か詳しくは分からないのだが、ゴミもしくは埃が紛れ込んだおかげで、画面に無視できない程の影が写り込む様になって久しい。コンデジは僕の様な素人には分解できないので、メーカーに修理に出すしか無いのだが、ひょっとしたらン万かかるかも知れないし、それなら新品に買い換えた方が捗るだろうと思いつつ、ブツクサ不満を言いながらもこのポンコツを使い続けてきた。昨日、ネットを徘徊している時に、偶然、掃除機を用いた自家製修理法を見つけたので、ダメ元で挑戦してみた。使うのは掃除機とサランラップだけという至ってシンプルな方法で、当然、コンデジが逝ってしまう心配はあったが、症状は酷くなる一方なのだし、ええいままよとレッツラゴー。

当該ページに記載されていた通り、ラップをベロっと20センチくらいで切って、端をクルクルと丸めて、掃除機の吸引口に沿う様に巻きつける。そして、カメラのレンズを吸引口に嵌め込むと、凸凹で丁度収まるのだが、ラップを丸めた部分がパッキンの役割を果たす事で密閉されるのである。なるほど考えたモノだと感心。その状態で、掃除機をパイルダー・オンすると、密閉が上手くできていれば、内部のゴミを吸い出せるという、精密機械なのに大丈夫かと思わず冷や汗が出てしまう程の荒療治だ。

とりあえず、弱で10秒ほど吸った後、カメラの状態を確認すると、なんと3つほど写り込んでいた影の内、2つがキレイさっぱり消えていた!これには歓喜せずにはいられなかった。気を良くしたので、最後の1つを取ってやろうと何度も吸い込むも、コイツは普通の埃じゃないのか、全く取れない。弱から中、中から強へ変えても、ビクともしない。強で吸い込み続けると、さすがに筐体に影響が出そうだと判断し、最後の1つを取るのは断念した。残念至極。

f:id:horohhoo:20150607101300j:plain

空の写真を撮りたいのに、コイツが写り込むせいで撮れないんだよなぁ。なんともはや憎らしいヤツだ。しかし、完全では無いにせよ、こんなにお手軽に回復させられるとは思わなかったので、今回はこれでヨシとしよう。