主戦・武豊。

もはや北村宏騎手が菊花賞制覇をしたことがかすんでしまうような1年間。

結果を出している以上、勝負の世界。

海外も視野に、というコメントが週刊Gallopにありましたが、はたして北島三郎さんがどう判断するか。

有馬記念を今年制覇すると仮定すれば、唯一逃している秋の天皇賞を取りたいのでは?と個人的には見ています。春の天皇賞は制覇していますし。

ブラックタイドはディープインパクトと同配合。

大物が出ても不思議ない血統背景だったわけですが、ディープをつけてもここまでの馬が出たかどうか。

 

それにしても外国馬がふがいない。

イラプトに期待していましたが、終わってみたらリピーターは壊滅。

2着に敗れたサウンズオブアース。

着差が2馬身以上あったので、どう乗っても厳しかったというしかない。

 

とはいえ、勝ち馬含め、3着のシュヴァルグランも中山は歓迎のクチ。

上位馬が入れ替わることになるのかも楽しみな有馬記念までまもなくです。

逃げ切りはタップダンスシチー以来になるのかな?

www.youtube.com