f:id:miya_ma:20150320015850j:plain

品川から常磐線が出るなんて・・・時代も変わりましたね。

今日は、品川から乗ってみました。

始発なのですいており、座って眠って・・・気づくと三河島あたり・・・いつの間にやら混んでいます。

今まで上野や日暮里あたりで乗る方が座れただろうに、ちょっと申し訳ない気持ちです。

その睡魔を引きずったまま、雨の小川は流れるままに、命のさだめは繰り返されるままに、マツド・カシワ・アビコ!

常磐線は北へ。

で、座ってゆけるのは嬉しいことですが、普通列車が速くなるわけでもなく、IBRK県に入るころには座っているのも疲れてきました。

正直なところ、尿意を催していたのです。

わたしはトイレが近いのです。

ああ、おしっこが・・・もう限界かもしれない・・・

IBRK県に入っても相変わらず混雑した列車内の人々の間をすり抜け・・・

・・・こんなふうに車両を移動する人の目的など ひとつしかない・・・

尿だ!

顔に書いてある、わたしは尿意を催しています・・・。

わたしのスポイトはもう 雫いちりん こぼれてしまいそうで・・・

あああ~トイレあった!

なんとか かんとか 間に合って

ほっとしておりました・・・

f:id:miya_ma:20150320020444j:plain

はぁ~。

さて、トイレを出たところで まどろんでいると

「急行の通過待ちをいたします」・・・というアナウンスとともに 

ある駅で停まったと思ったら

 

制服を着た鉄道員がトイレに入ってゆきました・・・

 

え、いま、制服さんが トイレに 入った・・?!

 

いや、それは自然現象だし 良いことだと思うのですが わたしは制服を着た方がトイレに入るという行為を こんなに目の当たりにしたのが 初めてで・・・

あれはたぶん 運転士さんだなと思うのですが・・・

・・・おしっこの虹、雨上がり・・・

運転士と抱き合ってふたりで尿を発射出来たら素敵なことね・・・発射メロディは水のワルツ、時間の砂が落ちるみたいに、山に夕陽が落ちるみたいに、わたしたちの水分は一秒ごとに零れ落ちてゆくのが当然、わたしと運転士の尿が透き通って2級河川になって きらきらと海にそそいでゆく・・・松岡さんが我慢できずに・・・幼稚園のころ怒られたことを、いまいちど試してみたいの・・・スラックスを濡らして、靴を濡らして、抱き合った運転士とわたしが、深い息を吐きながら、なんという快感、失神まぎわの快感、尿を放つ・・・怒られる、きれい、くさい、きれい、みんなが観てる・・・きらきらとしたものを・・・

窓の外には尿の河。

いつまでもわたしのあとを きらきら流れていた。

 

f:id:miya_ma:20150320021301j:plain

そんなこともあって常磐線は良かったです。

帰りの特急も、乗り心地最高でした~。

「ときわ」「ひたち」ネットできるし電源もあるらしいし、シートはフカフカ。素晴らしいです。

特急と言えば松岡宮CD「Limietd Express 383」もよろしくお願いします~★

おやすみなさひ。